スポンサーリンク

WAKWAKは遅い? NTT系列なので安心感は抜群だが…【プロバイダの噂】

シェアする

スポンサーリンク

インターネットサービスプロバイダのの中に「WAKWAK」という会社があります。

どんな会社なのでしょうか?
いいプロバイダなのでしょうか?

WAKWAKへの乗り換えを検討している人に、情報をまとめました。

WAKWAKってなに?

NTT系列の「株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー」が運営するプロバイダです。

NTTと言えば昔からインターネットサービスに携わってきた企業ですよね。

そのNTT(東日本)のグループ会社です。

NTTは「回線設備」という物理的な技術を蓄積しながら、長い間プロバイダサービス事業も運営してきたという実績がありますから、サービスの品質には信頼が置けるでしょう。

もう一度言いますが、通信大手のNTT系列です。
安心感が違います。

WAKWAKのメリット/「安さ」で他社を圧倒する

圧倒的な「安さ」(23か月500円)

大手がバックにいることで、WAKWAKは思い切った料金体系を実現しています。
とにかく安いです! 他社を圧倒する安さがWAKWAKの良さです。

「23か月 500円/月」というのはあり得ないです!

光コラボでも5,000円とかは普通ですからね。
その10分の1ですよ。破格です!

NTT系列の強みである「安定性」・「サポート」

バックにNTTがいるので回線は比較的安定しています。

設備不足で回線がつながりにくいということは無いですね。
あったとしてもそれは確率の問題で、仕方ないです。

障害はどこのプロバイダを使っていても発生するものです。

ただ、WAKWAKの場合はNTTグループの一員というポジションを活かして早い復旧が見込まれます。ダウンしてもすぐに復活します。

サポート体制も十分ですね。

安いプロバイダというのはサポートを切り捨てて人件費を抑えることで、その分安くしてたりしますが、WAKWAKはそんなことないですね。

光コラボにも対応しているので、携帯大手の「光コラボ(ドコモ光)」も使えます。

ドコモとNTT、大手同士のサービスなので安心ですよね。

WAKWAKのデメリット/懸念点は「遅さ」か?

遅い…かも?

非常に判断が難しいところがありますが、「WAKWAKは遅い」という意見があります。

ただ、「遅い」というのは全国的なのか、その人の家の環境の問題なのか分かりません。

一般論としてWAKWAKは遅いと言われているようです。
これが本当だとすればWAKWAKは「無し」ということになってしまいますね。

ただ、時間帯によって遅いとか、急に遅くなったとか、マンションタイプだけが遅いとか、そういう場合はWAKWAKのせいじゃないです。

そういう問題はどんなプロバイダを使っていても起こりうるので、WAKWAKの問題とも言い切れず、判断が分かれるところです。

WAKWAKは使ってる人口少ないから、本当なら「速い」はずです。

契約期間の縛り(2年)

「24か月の最低利用期間がある」……。

つまり、2年間の縛りです!

これは残念です。
デメリットと言わざるを得ない。

500円で使えますが、2年間は使い続けなければならない。
ちょっとここは考えどころですね。

2年以内に引っ越す予定がある人とかには、WAKWAKは向いていません。

まとめ

まとめとして、こんな提案をしてみます。

まず、WAKWAK最大のメリットは「500円で使える」というところ。
だからそのためにWAKWAKと契約すると考えましょう。

WAKWAKという選択肢は、大いに「あり」です。

ただしその前にいくつかの事項をチェックする。

たとえば、このサイトで近所でWAKWAKを使っている人がいないかどうか。

≫ みんなの測定結果 – Radish Network Speed Testing –

もしいればその人の実測データを参考に遅いか、速いかを判断する。
もし遅ければ同じように遅くなる可能性が高いからWAKWAKはやめておく。

逆に、速いというデータが出ていればWAKWAKはお宝と確定する。
500円で速いプロバイダは珍しいですからね。チャンスは逃さないようにしよう。

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/16.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)