スポンサーリンク

URLとアドレスの違い/意味的には同じだからどっちでもいい

シェアする

スポンサーリンク

URLとアドレスの違いについて解説します。

URLとは何か

結論から言うと、「URL」も「アドレス」も同じ意味です。

同じ意味だと理解していて差し支えありません。

URLの正式名称は「Uniform Resource Locator」と言います。
読み方は「ユニフォーム・リソース・ロケーター」です。

日本語に直訳すると「統一資源位置指定子」となります。

英語の意味、そして実際の意味を考えると

「URL」とは「インターネット上のリソース(資源)=(Webサイトのデータや動画サービスなど)」を特定するための目印。

と言うことになるかと思います。

URLは「一つのリソース」に対して「たった一つの目印」です。
もし同じURLがいくつもあったら混乱しますよね?

だから、URLはこの世にたった一つです。

意味的には「URL=アドレス」で同じ

URLのイメージとしては、私たちの住んでいる家の「住所」みたいなものです。

誰一人まったく同じ住所というものを持っていないですよね?

もし同じ住所を持っている人がたくさんいると、郵便物が届かなくなって大混乱です。

このように「URL」を「住所」ととらえると、「住所」は英語で「アドレス」なので「URL」のことを「アドレス」と言い換えても意味は通じます。イメージにも合います。

ですから、URLもアドレスも同じ意味です。

URLのことをアドレスと言ったり、アドレスのことをURLと言ったりしても、意味的には通じます。

間違いではありません。

メールアドレスは「アドレス」と言うことが多い

URLとアドレスは同じ意味と言う説明はすでにしました。

ただ、一般的な使い分けとしては

「Webサイト」については「URL」
「メールアドレス」については「アドレス」

と、使い分けています。

メールアドレスもインターネット上で個人を特定する目印なので「URL」と言えますが、メールアドレスのことは普通URLとは呼ばず、メールアドレスの略語として「アドレス」と言うことのほうが多いです。

ですから「アドレス」と言った場合は「メールアドレス」のことを言っている可能性が高いです。

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/6.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)