スポンサーリンク

回線速度の単位は「bps」/数字が大きいほど「速いインターネット 」

シェアする

スポンサーリンク

「インターネットが遅い」
「回線速度が遅い」

そんなとき気になるのが回線の速度です。

しかし回線速度を表す単位「bps」がどういうものなのか分かりません。
また、中にはキロとかメガとかつくものもあって益々わかりません。

そこで今回は回線速度の単位である「bps」について、分かりやすく解説します。
そのうえでキロやメガなどの単位も説明します。

回線速度の単位は「bps」

まずインターネットの回線速度については、通常「bps」で表現されることが多いです。

この「bps」とは「bits per second(ビット・パー・セカンド)」の略です。

「1秒間(per second)にどれだけのデータ(bits)を送信できるか」を「○○bps」として表しています。

「1bps」であれば「1秒間に1ビットのデータを送ることができる」ということですし、
「10000bps」であれば「1秒間に10000ビットのデータを送ることができるということです。」

数字が大きければ大きいほどデータの量は増えます。
つまり、一瞬でたくさんのデータを送ることができるということです。

その点については単純に数字の大小で比較すればいいので、

1bpsよりも10bpsのほうがデータの量は大きいですし、

10bpsよりも100bpsのほうが、100bpsよりも1000bpsのほうがデータの量は大きいということになります。

つまり1秒間に送信できるデータ量が多ければ多いほど、それだけ速いということになりますね。

よって、ここでは簡単に「bpsの数字が大きいほど『速い』のだ」ということだけ覚えておいてください。

キロとかメガとかっていうのは何?

では、次にキロとかメガというのは何なのか。
先ほどの「bps」とどんな関係があるのか。

この点について解説します。

キロとかメガというのも「単位」なのですが、これは「速さ」と言うより「(データの)大きさ」を表す単位です。

ざっと一覧を示すと次の通りです。

キロ … k … 「1千」と言う意味
メガ … M … 「100万」と言う意味
ギガ … G … 「10億」と言う意味
テラ … T … 「1兆」と言う意味

本当はもっとこれ以上の単位もありますが、日常ではほとんど使わないのでこのくらいで終わりにしておきます。

さて、大事なのは「千(k)」とか「万(M)」とかっていう意味がある、と言う部分です。
ここが分かれば何も怖くありません。

例えば「1,000ビット」であれば、「1,000」=「k(キロ)」に置き換えることができるので「1,000ビット」=「1kビット」となります。

「1,000ビット」=「1kビット」

これがもし「回線速度」の話であれば、「1,000Mbps」=「1Mbps」となります。
「bps」をつけただけですね。何も難しいことはありません。

先ほど「bps」は数字が大きいほど速い、と言う話をしました。
ということは、速ければ速いほど、どんどん数字が大きくなっていきます。

「1Mbps」の1000倍であれば「1000kbps」です。
ここでまた「1,000」という数字が出てきたので、他の単位に変換できます。

つまり、「1,000」個の「1kビット(1,000ビット)」があるということなので、

1,000×「1,000」=「1M(メガ)」となります。

メガを使って表すと「1Mbps」ですが、
メガを使わないと「1,000,000bps」となります。

ゼロが多すぎますよね。
だから「1Mbps」と表すのがスマートなのです。

要は、1000倍ごとに「キロ、メガ、ギガ、テラ…」と単位が変わると言えますね。

あまり「0(ゼロ)」が続くと見にくいですしね。
短縮するためにアルファベットに置き換えてしまうとイメージするといいかもしれません。

また、これはお金に例えると非常に分かりやすいと思います。
お金も「十、百、千、万、億、兆…」という単位で数えますよね。

それと同じことです。

「1000円=10百円」です。
(10個の100円だから10百円)

「10000円=10千円=100百円」です。
(10個の1000円、100個の100円)

こんな具合に0があまり続かない形に置き換えることが、回線速度のデータ量にも応用できるということです。

回線速度には「下り」と「上り」がある

回線速度には「下り」と「上り」があります。

「下り」というのは、データを受信するときの回線速度です。
「上り」というのは、データを送信するときの回線速度です。

たとえば、パソコンを使ってWebサイトを見たり、メールを受信したり、ソフトをダウンロードする行為は、データを受信しているので「下り」の回線速度が重要です。

逆に、ブログを更新したり、SNSに写真をアップしたり、メールを送信したりする行為は、データを送信しているので「上り」の回線速度が重要です。

光ファイバー回線がもっとも「速い」

回線速度は、回線の種類によって大きく違います。
主な回線と回線速度の数値は以下の通りです。

電話回線 … 最高56kbs程度
ISDN回線 … 最高128kbps程度
ADSL回線 … 最高50Mbps程度
CATV回線 … 最高160Mbps程度
光ファイバー回線 … 1Gbps程度

このように光ファイバー回線(光回線)がもっとも速い回線と言えます。

ネットで動画視聴とオンラインゲームをやるなら光回線

上にあげた通り、「速い」回線と「遅い」回線があります。

それぞれの使い分けは「インターネットをどのように使うか」によって違ってきます。

遅い回線で動画をストリーミング再生したり、FPSなどのオンラインゲームをプレイしたりすると、大量のデータのダウンロードが間に合いません。

動画がカクついたり、ストップしたり、読み込めなくなったりします。また、ゲームもラグが生じたり、反応が遅れたりします。

したがって、動画やゲームを主な目的としてインターネットを使うのなら「速い」回線である「光回線」を選びましょう。

逆に、CATVやADSLなどの遅い回線は料金が安いのがメリットです。

使い方としては、大量のデータを即時にのみ込むことに適していないので、主にメールを送受信したりテキスト主体のWebサイトを閲覧したりする程度の使い方がメインの人に向いています。

年齢でざっくり分けると、

10代~30代の若年層は「光回線」を、
60代以降の親世代は「CATV/ADSL」を、という形で使い分けると不自由なく満足できると思います。

実家のインターネットにはCATVやADSLで十分かもしれません。

ベストエフォート方式とギャランティ方式

回線事業者のサービス提供方法には、主に2種類あります。

それが「ベストエフォート方式」と「ギャランティ方式」です。

インターネット回線というのは、個人個人が別個に引いて使っているわけではありません。何千人、何万人と言う単位の人数で共有しています。

鉄道や地下鉄、新幹線と同じです。

朝の通勤時間帯が混雑するように、回線もたくさんの人が同時に使おうとすると混み合います。

回線が混み合うと回線速度は低下します。
データの処理が間に合わなくなるからです。

しかし、特定の速度を必ず提供することを約束した契約だと、そのように回線速度が落ちてしまった場合、回線事業者が不利になります。

クレーム処理に追われたり、解約が多数発生したり、損賠賠償が発生したりして面倒です。

そこで「ベストエフォート方式」という手法が取られます。

要するに「理論値最大の回線速度を提供できるように、頑張ります」ということです。

これなら混雑時に回線速度が低下しても、ベストエフォート方式なので文句は受け付けなくてよいことになります。

一方「ギャランティ方式」というのは「回線速度を保証します」というサービスの提供方法です。

非常に「速い」回線速度が、また安定した回線速度が求められる「プロゲーマー」向けに提供されていることが多いようです。

「ギャランティ方式」は品質保証型とも言われ、確実に速い回線速度でインターネットを使えますが、その分料金が割高です。

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/6.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)