スポンサーリンク

回線速度が遅い|有線LANケーブルに原因がある場合の解決策

シェアする

スポンサーリンク

「回線速度が遅い」
「インターネットの速度が遅い」

原因は様々ありますが、今回はLANケーブルに原因がある場合について考えてみます。
自分が今どんなLANケーブルを使っているのかを確認してみてください。
遅いケーブルを使っているのなら交換をおすすめします。

おすすめのLANケーブルを最後に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.LANケーブルには「速いケーブル」と「遅いケーブル」がある

LANケーブルには「種類」があります。

種類の違いは「速度」の違いに直結しています。
ケーブル選びは慎重におこないましょう。

この「速度」の違いは、LANケーブルの「カテゴリー」という表記を見ればすぐに見分けられます。
「カテゴリー」を見て「速い」LANケーブルかどうか見極めましょう。

遅いLANケーブルを使っていませんか?
現にLANケーブルを使ってインターネットに接続している場合は、改めて確認してみてください。

2.LANケーブルの「カテゴリー」と通信速度の違い

それでは具体的に「速いLANケーブル」と「遅いLANケーブル」の違いについて説明していきましょう。

LANケーブルの「カテゴリー」は主に「7種類」に分類できます。
「遅い」カテゴリーのLANケーブルを使っていると、回線速度が遅くなるので必ず確認してください。

「遅い」カテゴリー

  • カテゴリー5 … 100Mbps/100MHz ※今はほとんど出回っていません
  • カテゴリー5e … 1Gbps/100MHz

「速い」カテゴリー

  • カテゴリー6 … 1Gbps/250MHz
  • カテゴリー6E … 10Gbps/500MHz
  • カテゴリー6A … 10Gbps/500MHz
  • カテゴリー7 … 10Gbps/600MHz
  • カテゴリー7A … 10Gbps/1,000MHz

ざっくり言うと「カテゴリー5(5と5e)」はダメです。遅いです。
「カテゴリー6」以上か「カテゴリー7」以上を使いましょう。

3.LANケーブルの見分け方

LANケーブルのカテゴリーは、実はLANケーブルの表面に書いてあります。
線をよくみて見るとアルファベットがならんているところがあります。

そこに「CAT.○○」という表記を見つけてください。
これがカテゴリーです。

例えば「CAT.5E」と書いてあれば、それは「カテゴリー5e(1Gbps/100MHz)」ということです。
「CAT.6」とか「CAT.6E」と書いてあれば安心してください。速いLANケーブルです。

ちなみに、買ったばかりのLANケーブルであれば「外袋(LANケーブルが入っていた包装袋)」に書いてあるはずです。

3.一般の家庭で使うのにオススメな「LANケーブル」

まず、LANケーブルは「速い」カテゴリーの中から選びましょう。
「遅い」カテゴリーは快適なインターネット環境を手に入れることは出来ません。

では最も速い「カテゴリー7」が一番良いのかというと、そうでもありません。
一般家庭で使う分には少々持て余します。つまり性能が高すぎて使いこなせません。

カテゴリー7は速いですが、ケーブルの値段が高いので一般家庭用としては少し不向きでしょう。

またインターネット回線は、最も早い回線でも2GBです。
10GBは明らかに大きすぎます。「カテゴリー7」も「カテゴリー6E」も実際には持て余します。

ダボダボの服より、ぴったりサイズの服を選びましょう。

一般的なインターネット回線は1GBが最大なので、「カテゴリー6」で十分です。
「カテゴリー6」や「カテゴリー6A」を選びましょう。

ちなみに「カテゴリー6E」でも良いのですが、「6A」のほうが国際規格なのでこっちをおすすめします。

4.LANケーブルの価格帯とおすすめのLANケーブル

LANケーブルの価格帯を示します。
2017年現在、だいたいこのくらいの値段で売られています。

  • カテゴリー5 … 1,000円前後
  • カテゴリー5e … 1,000円前後
  • カテゴリー6 … 1,500円前後
  • カテゴリー6E … 2,000円前後
  • カテゴリー6A … 2,000円前後
  • カテゴリー7 … 2,500円前後
  • カテゴリー7A … 2,500円前後

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/16.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)