スポンサーリンク

回線速度が遅い|ルーターに原因がある場合の解決策

シェアする

スポンサーリンク

「回線速度が遅い」
「インターネットの速度が遅い」

原因は様々ありますが、今回は無線LANルーターに原因がある場合について考えてみます。

無線のWi-Fiを使ってインターネットに接続している場合、ルーターから電波が出ています。
しかし、ルーター本体やルーターを使用する環境に問題があると、電波が届かず回線速度が遅くなります。

ルーターに原因がある場合と解決策についてまとめたので、参考にしてください。

1.ルーターとPC・スマホの距離が遠い&障害物がある

原因

  • ルーターと子機の間に「距離」があるから、電波が弱い(回線速度が遅くなる)
  • ルーターと子機の間に「障害物」があるから、電波が弱い(回線速度が遅くなる)

解説

ルーターは電波を飛ばして、その電波によってPCやスマホをインターネットとつないでいます。
しかしこの電波は長い距離を飛ばすことができません。

距離が長くなれば長くなるほど、電波は弱くなっていきインターネットはつながりにくくなります。

ですから、たとえばルーターが1階の壁際にあって、PCやスマホが2階の寝室や3階の書斎にある場合、電波を飛ばす距離が長くなるので電波が弱まり、インターネットにつながりにくくなったり、遅くなったりします。

また、ルーターとPC・スマホとの間に障害物がある場合も電波は弱くなります。

携帯電話で通話しているときのことを思い浮かべてみてください。
片方が通話中にトンネルの中や地下街に入ると声が聞こえづらくなりますよね? それと同じです。

家の中を点検してください。

解決策

  • ルーターとパソコン・スマホの距離は出来るだけ近づけるようにする。
  • ルーターは家の中心部分の出来るだけ高い位置に設置する。
  • ルーターとパソコン・スマホの間から可能な限り障害物を排除する。
  • ルーターの電波がどうしても弱まる場合は、中継器などを使って電波を強くする。

2.ルーターを使っている端末が多すぎる

原因

  • ルーターに接続しているPC・スマホが多いと待ち時間が発生して通信が遅れる

解説

ルーター経由の無線接続は、差込口の数を気にすることなく接続できるので便利です。
また、配線をおこなわなくて済むので手軽にインターネットを楽しめるという利点があります。

しかし、子機をつなげばつなぐほど回線速度は遅くなります。

ルーターはつながっている機器を同時にインターネットに接続しているように見えますが、実は通信は1対1でおこなわれています。

PCやスマホ、タブレットなどを家族で複数台同時に接続しているように見えるのは、超高速で短い時間に通信する相手を切り替えているからです。

したがって、インターネットに接続している台数が増えれば増えるほど、通信の順番待ちが発生し回線速度は遅くなります。

解決策

  • ルーターに接続する台数は少なくし、ルーターの近くにあるパソコンはLANケーブルで接続する。
  • 高性能なルーターに交換し、複数台接続しても問題が出ないようにする。

3.電波干渉が起きている

原因

  • 電子レンジなどの電子機器が発する電波がルーターの電波を妨害している。

解説

ルーターは電波を発して、インターネットに接続しています。
その電波を妨害する電波が近くにあると、悪影響を受けインターネット回線は遅くなります。

電波を発する代表的な電子機器(2.4GHz)
  • 電子レンジ
  • ワイヤレスヘッドホン
  • コードレスホン

さらに、近所の家でもルーターを使っている場合、それも電波なので干渉される場合があります。
要するに、お互いにルーターから電波を出し合って邪魔をしているということです。

住宅街でよく起きる問題なので、家と家が密着している集合住宅やマンション、アパートなので特に影響が出やすいです。

解決策

  • 可能な限り、電子機器とルーターは距離を置く。
  • ルーターの近くでワイヤレスの電子機器を使わないようにする。
  • ルーターの2.4GHz帯は込み合っているので違うバンドに切り替える。

4.ルーターの不具合・不調

原因

  • 周波数帯が悪い

解説

ルーターも機械ですので調子が悪い時があります。
いったん電源をOFFにして、30秒程度おいてから再起動すると通信速度が回復する場合があります。

これは、ルーターの電源を切ることで通信に使用している周波数が一度リセットされるので、新たにセットし直された周波数帯が空いていれば通信がスムーズになるからです。

解決策

  • ルーターの電源を一度落とし、再起動する。

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/16.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)