回線速度は「地域」によって違います/都道府県ごとに設備の違いがある

スポンサーリンク

 

回線速度は「地域」によって異なります。

 

なぜ「地域」という地理的な条件で回線の速度が異なるのか。
それは「使っている人の数」と「プロバイダの設備」に地域差があるからです。

 

今回はこのことについて解説します。

 

プロバイダの設備は都道府県で異なる

 

固定回線でインターネットを使っている場合、必ず「回線(光回線など)業者」と「プロバイダ」という2つの会社と契約しています。(光コラボの場合も便宜上2つの会社と考える)

 

つまり、2つの会社の設備を借りていることになります。

 

ですから私たちがインターネットを使うとき、それぞれの会社のそれぞれの設備を経由して、インターネットにアクセスしていることになります。

 

回線業者としては、NTTが最大手です。

NTTの光回線の速度は「1.0Gbps」が最大で、関東圏のみで使える「NURO光(2.0Gbps)」を除けば、この「1.0Gbps」が国内最速であると言えます。

 

よって理論的にはNTTの光回線さえ使っていれば「遅い」などということはあり得ないはずです。
でも実際には「遅い」ということがよくあります。

 

そこで原因と考えられるのが「プロバイダ」の問題です。
プロバイダを経由したときに「遅く」なっているのです。

 

「プロバイダ」の役割は何なのかというと、先に述べたNTTなどの「回線業者」から借りた「回線設備」を使って私たちがインターネットにアクセスする「手助け」がプロバイダの仕事です。

 

さて、その手助けの際に用いるのが、各プロバイダの「設備(通信ケーブルなど)」なのですが、小規模なプロバイダ事業者だとこの「設備」のスペックがとても低く、これがボトルネックになって「遅く」なってしまいます。

 

これがプロバイダがネットを「遅くする」という現象です。

 

しかも、プロバイダは「都道府県ごと」に回線を束ねてインターネットと接続しています。
なぜならNTTがプロバイダのために貸している設備が「都道府県ごと」に設置されているからです。

 

したがって、同じプロバイダを使っている人が多ければ多いほど「都道府県ごと」にアクセスが集中します。

 

しかし、逆に言えばあまり使っている人がいないプロバイダであれば、混雑を避けられるのでサクサクインターネットにアクセスすることができます。

 

なので「速い」インターネットを手に入れるには、都道府県内で使っている人があまりいない(少ない)プロバイダを選ぶことが重要です。

 

自分の地域で「空いている(速い)」プロバイダを見つける方法

 

正直なところ、一概に「東京なら○○!」「北海道なら××!」「沖縄なら△△!」と、簡単に答えが出る問題ではありません。

 

どこで誰がどのプロバイダを使っているかなんて、誰にも分かりません。
なんとか「クチコミ」で探すしかありません。

 

一番いいのは、近所の人や友達、知人などにおすすめのプロバイダを聞く方法です。
評判の良いものを使えば間違いはありません。現に使っている人の生の声が重要です。

 

ただ、周りに相談できる人がいない場合は「口コミサイト」があるので、それを活用しても良いかもしれません。

 

>> みんなの測定結果

 

プロバイダが本当に悪いのか調べる方法

 

これまでさんざん「プロバイダ」の悪口を書いてきましたが、回線速度の計測結果が悪かったとしても必ず「プロバイダ」が悪い、ということではないので注意してください。

 

たとえば、NTTの回線が悪いこともあります。
こちらのサイトで「プロバイダ抜き」の回線速度を知ることができるので計測してみてください。

 

▼プロバイダなしの状態で回線速度を調べる

 

>> NTT東日本の場合
>> NTT西日本の場合

 

▼プロバイダありの状態で回線速度を調べる

 

>> Internet Speed Test – HTML5 Speed Test

 

「プロバイダあり」の場合も、「プロバイダなし」の場合も、数値がそれほど変わらないときはNTTの回線そのものに問題が発生しています。プロバイダを変えても「遅さ」は改善されないです。

 

「プロバイダ」が悪いときというのは、2つの測定結果に差がある場合だけです。

 

また、単純に自宅の近所でインターネットを使っている人が多ければ、回線は混雑します。
同じプロバイダを使っていれば必ず回線が束ねられているので、そこで詰まり回線が遅くなります。

 

さらに「マンションタイプ」の場合は、マンション内部の配線方式によって劇的に「遅く」なることがあります。その場合、プロバイダだけの問題ではないので注意が必要です。

 

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

 

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

 

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

 

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

 

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

 

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

 

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

 

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/16.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

 

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

原因
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハルノブをフォローする
スポンサーリンク
回線速度が遅い!実家のインターネットを速くする方法
タイトルとURLをコピーしました