スポンサーリンク

回線速度|光回線の平均速度は「下り:84.06Mbps」/ドコモ光なら「136Mbps」

シェアする

スポンサーリンク

光回線の平均速度はどれくらいか。

結論から言うと「下り:84.06Mbps」です。

下りが「80Mbps以下」だと「遅い」ということになります。

ちなみに、我が家のドコモ光なら「下り:136Mbps」は普通に出ます。(⇒詳細はこちらの記事で

以下、その調査結果の抜粋と私の考察です。

光回線速度|パソコンの平均速度

全体

下り:84.06Mbps
上り:90.82Mbps

1Gbps未満のプラン

下り:53.03Mbps
上り:58.52Mbps

1Gbps以上のプラン(光コラボをのぞく)

下り:108.66Mbps
上り:113.92Mbps

光コラボ

下り:83.69Mbps
上り:96.67Mbps

詳細はこちらの記事で。

≫ 回線速度の平均は「84.06Mbps」/ADSLは平均「18.04Mbps」 

この調査結果から分かることは「光回線の平均速度=84.06Mbps」ということです。

控えめに考えても「53.03Mbps(1Gbps未満のプラン)」ですから、光回線を使っているなら少なくとも「50Mbps」は出ていないとおかしい部類です。

まだ、お使いの回線速度を測っていないという人はこちらからどうぞ。

≫ SourceForge Speed Test

ドコモ光なら「下り:136Mbps」の回線速度

参考として、我が家の光回線の速度を載せておきます。

計測結果

下り:136Mbps
上り:291Mbps
PING:20ms

スペック

ドコモ光

(回線業者:NTTフレッツ光)
(プロバイダ:GMOとくとくBB)

詳細はこちらの記事からどうぞ。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/16.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

【回線速度別】できること、できないこと

ただ、心配しないでください。
「10Mbps」もあれば、日常生活にはそれほど支障がありません。

もちろん、「50Mbps~80Mbps」くらいあるに越したことは無いのですが、普通にインターネットをする分にはそこまでの「速さ」は必要ありません。

通信速度と用途の関係は次の通りだからです。

1Mbps未満

  • テキスト主体のWebサイトやメールを送受信する程度には使える。
  • 画像の多いサイト、広告の多いサイトは重くて遅い。閲覧に支障が出る。
  • 動画は見れない。

1Mbps~2Mbps

  • メールはもちろん、Webサイトの閲覧(テキスト、画像関係なく)も支障はない。
  • 動画も見れる。ただし、ストリーミング再生が止まったり、うまく読み込めなかったりする。

2Mbps~

  • 日常生活にはほぼ支障がないレベル。
  • ただし、高画質な動画の視聴やオンラインゲームには不向き。

5Mbps~

  • 高画質動画ストリーミング(動画配信)も利用できる。
  • サクサク止まらずに視聴可能。

10Mbps~

  • オンラインゲームもラグなく楽しめる。
  • ダウンロード版ゲームも、大型アップ―デートも対応できる。

【レスポンス性を測ろう】ping値で「リアルタイム性」をチェックする

通信速度も大事なのですが、「ping値」も超重要です。

通信速度(○○Mbps)で分かることは、1秒間にどれだけの「データ量」をダウンロード(アップロード)できるか、です。

一方で、ping値を測ることで「どれだけの速さでサーバーからレスポンスが返ってくるか」が分かります。

この「ping値」が低ければ低いほど、それだけ速く通信が可能なので「レスポンスが速い」ということになります。

「動画を見る」や「Webサイトを見る」という行為は、データの受信がメインなので「レスポンス」はそれほど重要ではありません。

問題は「オンラインゲーム」の場合です。

こちらの操作を相手に伝え、それに対してさらに相手が反応するるというゲームの特性上、「レスポンス性」がプレイするうえで非常に重要になってきます。

一般的に、「ping値」は「50」を超えるとかなりレスポンス性が悪いと言われます。

「なんか遅いなあ」とか「ラグ(送れ)があるなあ」と言う場合、問題は「通信速度」ではなく「ping値」のほうに問題があるかもしれません。

ping値はだいたい「50未満」を推奨します。
以下簡易的な表です。

  • 1ms~10ms 超速い! 神!
  • 11ms~14ms かなり速い
  • 15ms~29ms 速め
  • 30ms~50ms 普通
  • 51ms~99ms 遅い
  • 100ms~ かなり遅い

ping値を測りたい人は、こちらからどうぞ。

≫ SourceForge Speed Test

ping値についての解説は、こちらの記事で。

≫ 回線速度のping値を測定する方法とその改善方法

【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった

当ブログでは「ドコモ光」を推奨しています。

本当は「NURO 光」か「So-net 光(auひかり)」がベストなのですが、

対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「ドコモ光」を使っています。

ドコモ光は「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは「GMO」です。

光回線とプロバイダを乗り換えたことで、回線速度が8倍速くなりました。
やっぱり最後は「乗り換える」という方法有効なようです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
どうぞ参考にしてください。

≫ プロバイダを「GMOとくとくBB」の光回線に替えたら速度が速くなった/16.8Mbps⇒136Mbpsに改善(下り)

▼ドコモ光(回線:光/プロバイダ:GMO)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)